Google Adsense

漫画「僕たちがやりました」最新刊7巻の詳しい感想とあらすじ・ネタバレ最終回予想★

Google Adsense

ドラマ化も決まったヤングマガジンで連載中の「僕たちがやりました」

2016年12月6日に7巻が発売されました。そろそろ最終回が近いのではと感じさせる7巻。早速購入し読みましたので感想を書きたいと思います(*´-`)

こちらは7巻の感想です。

7巻の感想を読んだ後に↓の8巻、9巻の感想も是非読んでみて下さいね(*´-`

 

www.kumanego.jp

www.kumanego.jp

 

 では、以下7巻の感想です。ネタバレも含みますのでご注意ください!

 

 f:id:kumanego:20161206205044j:image

 

★お読みいただきありがとうございます。当ブログ記事を転載された場合、見つけ次第予告なく対処させていただきますのでご注意ください。

 

市橋が自殺し、困惑するトビオ。

トビオは警察に事情を聞かれますが、何も知らないと言い張ります。

しかし警察は市橋とトビオの関係性に気がついている様子。

「彼は結局、本当のことを知らずに死んだんだね。」とトビオに言います。

本当のこと、、とはもちろんトビオが矢波高の爆破事件の仲間の1人だった。ということでした。

 f:id:kumanego:20161206170311j:image

 

 

 

その頃マルは自宅でお風呂に入っていました。

背中に切り刻まれたキノコのイラストの傷が強く傷みます。

部屋にはぐちゃぐちゃに壊された自慢の腕時計もありました。

 

お風呂から出たマルは、「もう警察には頼れない、世の中は弱肉強食だから!!」

と自ら復習を誓います。

 

マルはナイフとスタンガンを持って自宅を出たのでした。

 

f:id:kumanego:20161206170332j:image 

 

マルは塾帰りの水前寺をまちぶせ。

水前寺に電気ショックを与えます。

 

しかし反撃を予想していた水前寺、マルに反撃をします。

 

ボコボコにやりあい、お互いつかれて地べたに寝転び、自分自身にあきれたのか笑いあう2人。 

 

マルは自分と水前寺は似た者同士なのではないかと考えます。

 

水前寺も笑顔でマルに歩み寄ろうとするかに見えたのですが、、

f:id:kumanego:20161206170817j:image

その瞬間、水前寺はマルに唾を吐きかけ、「お前なんかと友達になるか」と吐き捨て去ってしまいます。

f:id:kumanego:20161206170813j:image

 

ショックを受けるマルなのでした、、

 

 

また場面は変わり、制欲を抑えきれなくなった伊佐美は、今宵の家へ。

今宵に襲いかかる伊佐美ですが、なんとそこに見知らぬ中年男がやってきます。

 

f:id:kumanego:20161206171737j:image

★梅●辰雄さんにソックリで笑いました(笑)

 

なんとそれは今宵の父親なのでした。

 

今宵は父親と伊佐美の前で、伊佐美の子を妊娠したと衝撃の事実を告白します。

 

娘を妊娠させた伊佐美にキレる今宵の父。

 

絶対に産むと言い張る今宵に「家族の縁を切る」と父親は帰っていったのでした。

 

「気がつかなくてごめん」と伊佐美、きちんと働いてる頑張ると言いますが、今宵は犯罪者の子供にはしたくない、伊佐美を好きだからこそ1人で育てると涙ながらに言います。

 

f:id:kumanego:20161206172041j:image

 

 また場面は変わり蓮子の部屋にいるトビオ。

トビオは蓮子と離れたくないと再確認したのでした。

 

自分の部屋に帰り、自分でつくったあみだくじを1人でやっているトビオ。

 

そのあみだくじの行き先は全て「自首」という単語に繋がっていました。

f:id:kumanego:20161206172311j:image

 

場面は変わり、パイセンこと小坂も吹っ切れた様子で、今こそ立ち上がる時だと晴れやかにスキップをするのでした。

 

f:id:kumanego:20161206172551j:image

 

 

場面は学校に変わり、トビオは部室に集まってくれと皆んなにメールします。

 

部室に入るとマルと伊佐美がいました。

 

そこに入ってきたパイセン。

 

パイセンは部室に入るなり

 

「自首する人ー?」と呼びかけたのでした。

 

f:id:kumanego:20161206172735j:image

 

手を挙げるマルと伊佐美。

f:id:kumanego:20161206172813j:image

 

そしてトビオも真っ直ぐに手を挙げたのでした。

 

f:id:kumanego:20161206172834j:image

 

 

★7巻はこれで終わります。

ついに自首を決意した4人。

新たな展開を見せた7巻でした。

 

そろそろ最終回が近づいてくる予感がしますが、この漫画ほど最終回が予想できない漫画も珍しいです。

 

まあ4人に幸せになって欲しいとは単純には思えませんし、物語もそうは問屋が卸さないと思います。

 

この漫画、なかなかハードなお話ですが、女の子の絵がかわいいですよね。たまにキャーとなる激しい場面もありますが(笑)

 

8巻は2017年3月に発売予定ですのでまた購入して感想を書きますね(*´-`)

読んでいただきありがとうございました!

www.kumanego.jp

 

 

Google Adsense