漫画、時々小説、そして映画

漫画・小説・映画の雑談、ネタバレ

Google Adsense

漫画「君に届け」番外編最新話題6話「運命の人」6がマーガレット8月号に掲載!

f:id:kumanego:20200722171348p:image

君に届けの番外編、運命の人が2020年8月11日発売の別冊マーガレットに掲載されます。

待ちに待ったくるみと栄治のお話の続編です。

〜部屋で栄治と一夜を明かしたくるみは、、?

お待たせしました、胸高鳴る新作です!〜

 

発売しだいあらすじとネタバレを書いていきたいと思います(^ ^)

 

 

漫画「いつかティファニーで朝食を」最終回最終話14巻の詳しい感想とネタバレ!

f:id:kumanego:20200221235238j:image

★ついに最終回を迎えた、マキヒロチ先生のいつかティファニーで朝食を。

早速購入し、読みましたので感想を書いていきます!★

 

67話

 

菅谷の会社で働くことになった麻里子。

麻里子は菅谷が彼女と別れた事をしったばかり。

 

場面は会社。

電話の応対をしている麻里子。

 

会社では納期のトラブルが続いていました。

 

そこに菅谷が現れます。

麻里子に愚痴をこぼす菅谷は、デスクに突っ伏しになり、家に帰って猫に癒されたいと言うのでした。

 

菅谷は元気をチャージする為、会社の皆で肉を食べに行くことを提案。

 

場面は変わり。ステーキ屋さんリベラに到着しました。

おいしそうなステーキ前に喜んぶ皆。

一斉に食べ始めます。

 

 

麻里子は金沢と仙台の出張のついでに新潟に新しくできたお店に営業に行くことを提案。

皆んなは麻里子の仕事ぶりに関心します。

ひとりの同僚が麻里子に結婚しているのかを尋ねます。

結婚も彼氏もいないと答える麻里子。

 

麻里子はこの流れなら菅谷に彼女の事を聞いても不自然ではないのではないか?と考えますがなかなか口に出すことができません。

f:id:kumanego:20200222000653j:image

★画像はティファニーで朝食を15巻からお借りしています★

ところが、話は菅谷の行ったキャンプ合コンの話題に。

 

別れたばかりなのに、合コンや他の女性と食事に行ったという話を聞いた麻里子は軽くショックを受けます。

そして思い切って今彼女とどうしているのかを尋ねます。

菅谷は恋人とは別れたと話します。

菅谷は学生時代に経験できなかったり合コンを楽しんでいる様子。

そんな菅谷に対し、心配して損した!と感じる麻里子でした。

 

 

場面は変わり新潟に出張中の麻里子。

 

 

夜、麻里子は新潟産のアイスの食べ比べをしていました。

すると高浪から着信が。

電話に出て少し後悔する麻里子。

 

他愛ない話していると高浪から食事に誘われます。

麻里子は、食事の話を曖昧に断ります。

すると麻里子は自分の都合のいいときばかり人を利用して面倒になったら投げ出す、と高浪は麻里子を責めます。

さらに高浪は麻里子は菅谷が好きなのでは?と尋ねます。

 

麻里子は慌てて否定します。

 

しかし「じゃあ誰が好きなの?」という高浪の問いに考えこんでしまうのでした。

 

翌日、麻里子はバスセンターの有名なカレーを朝食に食べます。

美味しいカレーを食べながら、菅谷もこのカレー好きだろうな、と考える麻里子。

 

麻里子は自分の気持ちに気づくのでした。

「私…菅谷のことがまだ好きだ」

 

 

68話

 

場面はニューヨーク。

典子は、市村と夕食を食べながら、一時帰国した時の話をします。

ゲストハウスを始めた友人が、典子のホテル紹介のブログを参考に作ったことを話すと、市村は嬉しい話だと笑顔になります。

そして、少し間が空いた後、典子もそこで働くのか尋ねます。

 

典子はそこで日本に帰ることを告げます。

市村は残念そうにします。

典子は市村をコインランドリーで待ち伏せしていたことを思い出します。

 

典子は、好きだった市村との最後になるであろう食事や市村の姿、店の照明などを目に焼き付けるのでした。

そして、アパートにもどった二人は階段の下で立って話をします。

典子は、食事のお礼を告げ、おやすみを言います。そんな典子に市村は、断りをいれ、典子を抱き締めます。

 

典子は、抱き締められた感触も心に刻むのでした。

部屋にもどった典子は、市村の優しさやもっとはやくこんな風になれればよかったと少し後悔をします。

そんな後悔を打ち消すように別途に顔をうずめました。

 

すると、窓の外から猫の鳴き声がし、窓を開けるとベランダに市村の飼い猫のポーがいたのです。

ポーに驚いていると、ベランダの階段から市村が現れます。

どうやら窓を開けたときに飛び出てしまった様子。

 

ポーを部屋に戻すと市村は典子に少しベランダで話をしようと誘います。

寒いため、市村の隣に座り典子の帰国について話します。

そして、市村が典子に告白をします。そして、もっと典子と一緒にいたいと言いました。

 

突然の告白に驚く典子でしたが、市村の気持ちを嬉しく思い感激していました。

典子「でも、私は日本に帰る。」

 

f:id:kumanego:20200226184709j:image


典子は今まで恋愛しかしてこなかった自分は幸せだったが、それだけでは満足できないことを知ったのです。

 

典子は自身も市村が好きでコインランドリーで待ち伏せしていたことを笑顔で話します。

市村は典子にキスをし、行かせたくないと抱き締めます。

そんな市村に典子は笑顔で頷き、日本に来たら奈良てほしいと言い抱き締め返しました。

それから、二人はベランダで肩を組み体を寄せ笑顔で話をするのでした。

 

69話

 

菅谷と会う約束をした麻里子はショーウィンドウで自分の姿を確認し、もっとお洒落な服を着てくればよかったかな、と考えます。

菅谷があらわれタコス屋に向かうふたり。

楽しく菅谷と話を続ける麻里子。

しかし内心では不安でした。

 

菅谷の母親の話を始めます。

最近、母親の調子が悪く何かあったときに駆け付けられるように予定を開けていたと話します。

しかし、菅谷はたまにデートもしていると話す菅谷に少しイラッとした麻里子はお酒を頼みます。

 

菅谷が麻里子に恋の話を聞きます。

菅谷に好きな人がいるかを聞かれた麻里子ですな、元カノに未練のある菅谷の気持ち知り、言葉を濁します。

 

f:id:kumanego:20200331185637j:image

 

「私、菅谷のことが好きなの」

麻里子はそう伝えてるのでした。

 

 

71話

麻里子の告白に驚く菅谷。

 

麻里子は菅谷の反応を怖がり、明るく誤魔化します。何も言わなくていいからと菅谷にタコスを勧めました。

 

店を出て歩く麻里子と菅谷。

菅谷はきちんと話をしないかと提案します。

しかし麻里子は菅谷の断ります。

菅谷はあきらめずに話合いをしようとしますが、結局は麻里子の帰りたい、という希望を受け入れます。

タクシーを拾い、菅谷を残してタクシーにのる麻里子。

 

麻里子はタクシーの中で顔を両手で多い涙を流します。

 

f:id:kumanego:20200409014911j:image

 

終わったんだな。

麻里子は恋の終わりを悟ったのでした。

 

 

72話

 

仕事帰りに菅谷と歩く麻里子。

 

「佐藤さん、この前の話していーすか?」と話を切り出す菅谷。

麻里子の気持ちを聞いてからずっと麻里子の事を考えいたという菅谷。

菅谷は麻里子が自分を好きでいてくれたことが嬉しかったと素直に話します。

菅谷「あれからずっと麻里子さんのことを考えてま

麻里子は「ちょ、ちょっとやだやだ!いいってばもうこの前の話は!気使わないでってば!もう大丈夫だから言ってスッキリしたとこあるし本当マジでもうやめよ」と慌てて話します。

 

菅谷は先に歩こうとする麻里子の手を取ります。

菅谷は「もう、気変わりました?俺たち、つき合ってみるってないですか?」

と麻里子に切り出します。

 

麻里子は「え…どうゆうこと?」と困惑します。

困惑しなならも、初めて菅谷にあった時のことを思い出します?

 

「佐藤さんをうちの会社に呼んだの、仕事できるからってのだけじゃなくて、こんなの関根に聞かれたら怒られそうだけど、佐藤さんに傍にいてほしいなって思ったからです。

正直まだ自分の気持ち整理できてないとこあるけど、佐藤さんのことばっか考えちゃって、つき合ってみませんか?ダメすか?」

 

〜これから先も 傍にいてくれるの?〜

麻里子「ううん、お願いします」

〜ずっと傍にいてくれるの?〜

 

麻里子は涙目になります。

菅谷と麻里子は抱き合ったのでした。

 

 

 

 

 

 

漫画「花のち晴れ」ついに最終回111話★感想とネタバレ!15巻!

花のち晴れがついに最終回を迎えました。

早速読みましたので詳しい感想とネタバレを書いていきたいと思います!

f:id:kumanego:20200130210239j:image

★画像は花のち晴れ、電子版からお借りしています★

場面は、音のバイトの先輩コンノとミータンの結婚式です。

音のことでコンノに世話になった晴は、豪華な結婚式を2人の為に開催したのでした、

なんとその日はクリスマス。

 

コンノは晴のためにとあることを思いついていました。

 

 愛莉、海斗、一茶、杉丸は、音と晴がついに結ばれたことを察します。

真っ赤になる晴と音。

 

その時、注文していた結婚指輪が届いていないことに気がついたコンノ。

コンノは音にお店まで取りに行くことを頼みます。

 

しかしそれは、晴と音に2人きりになって欲しいと思うコンノの気遣いでした。

 

クリスマスの街を2人出歩く晴と音。

 

晴は音に指輪をプレゼントします。

これからも一緒にいたい、と伝える晴。

晴は指輪を音の薬指にはめようとします。

しかし緊張のあまり手が震えてなかなか入れることができません。

 

晴は、 次には本物(婚約指輪)を渡すからと言います。

音はとても感動するのでした。

キスをする晴と音でした。

 

 

f:id:kumanego:20200207095755j:image

数日後、学校にいる音たちに、ひとりの男生徒が近づいてきます。

その生徒は以前、夜に音と晴に対し金を出せと脅してきた男子でした。

晴の言葉で救われた男子生徒は、自らの決意を晴に伝えにきたのでした。  

 

じんわりと感動する晴と音。

 

音は、自分が笑顔で晴のそばにいれば2人はずっと一緒にいられる、と強く思うのでした。

 

愛莉は週末皆で行くキャンプの天気を晴に訪ねます。

 

晴は、晴れるから大丈夫と答えます。

 

そして5人は一緒に仲良く歩き出すのでした。

 

f:id:kumanego:20200207095830j:image

END

 

 

★これで鼻のち晴れは終わりです!

最高のハッピーエンドでした^_^

また、最終回には、馳の近況や、愛梨カップルの可愛い近況も描かれています!

是非みなさんも最終回を実際に手に取って読んでみてくださいね^_^

神尾先生、ありがとうございました!

次回作もとても楽しみです!

漫画「花のち晴れ」ついに感動の最終回直前110話の感想とネタバレ!15巻!

ついに次回111話で最終話を迎える花のち晴れ。

110話の感想とネタバレを書いていきたいと思います!

 

110話はハルトの過去の回想から始まります。

 

f:id:kumanego:20200120204951j:image

★画像は花のち晴れ、電子版からお借りしています★

 

強くなりたかったハルトは英徳を歩く際、強く見えるように肩で風を切って歩いていました。

 

自分自身の中身は何も変わっていないのに、周りのみんなはそんなハルトを恐れハルトをよけて歩くようになりました。

 

いつまで見せかけだけの強さを演じるつもりなのか?本当は弱いハルトは自分自身に問いかける毎日でした。

 

 

場面は現在に戻ります。

 

音とハルトは2人で夜道を歩いていました。 

ついに男はハルトの家に泊まりにいくことになりました。

恥ずかしさとと緊張が入り混じる2人。

 

そこにカッターを持った男が近づいてきます。

 

「おい か、金だせ」

 

ハルトは怖がりもしません。

ハルトは物陰に男が数人いるのに気がつきます。

ハルトはカッターを持った男が、友達に指図されてやらせれていると気がついていました。

 

ハルトに気づかれた男たちは逃げて行きました。

 

カッターを持った男ひとりが取り残されてしまいます。

 

ハルトは言います。

「変わんなきゃ抜け出せねーぞ。友達でもなんでもないんだろ?だったらおまえが変わるしかねーじゃん?」

 

男は涙目になり「はい」と頷きました。

 

「アタマに雪積もってるぞ 早く帰れよ」とハルトは言います。

 

男は頭を下げ謝り、帰っていくのでした。

 

それを見ていた音は、心の底からハルトをかっこいいと思うのでした。

 

f:id:kumanego:20200120205948j:image

 

ハルトの家に到着するハルトと音。

執事の小林さんは、ついに音がハルトと一緒に泊まりに来てくれた事を泣きながら喜びます。

 

それを見た音は感動し、「小林さんにがっかりされない私でいたい」と涙ぐみます。

 

ハルトは言います。

「がっかりすることなんてない

あと言っとくけど、この先誰が何を言おうと、どんな展開になろうと一択だから。

音一択な」

 

音は涙ぐみます。

 

 

〜どの記憶をたどっても

思い出すのは

江戸川音を好きになった時だ」

 

 

f:id:kumanego:20200120210329j:image

 

そして、ついに2人は結ばれたのでした。

 

f:id:kumanego:20200120210554j:image

 

 

★ついに結ばれたハルトと音!

次回ついに最終回!111話も楽しみです。

 

 

 

 

漫画「イジメの時間」135話!特別編!番外編!感想!

2019年師走に、マンガボックスにて、くにろう先生のイジメの時間の番外編が掲載されました!

早速読みましたので感想を^_^

 

なんと、開始早々から、スルメとタコが登場。

f:id:kumanego:20191222074127j:image

★画像はマンガボックスからお借りしています★

 

相変わらずのスルメとタコ。

 

そこに、みっちゃんと呼ばれる人物が!

 

f:id:kumanego:20191222074343j:image

 

下毛田さんですね!

 

この後、下毛田さんが重大発表します。

 

スルメとタコは何を話されるのか、かなり動揺しています。

 

下毛田さんからの発表はなんなんでしょうか。

それがこの特別編の目玉になります。

 

是非皆さん、マンガボックスでイジメの時間の特別編を読んでみてくださいね^_^

漫画「あさひ先輩のお気に入り」ついに感動の最終回!感想とネタバレ!7巻!28話!

別冊フレンドで大人気連載中の、あさひ先輩のお気に入り。

別冊フレンド1月号にて、ついに感動のグランドフィナーレ!

早速購入し、読みましたので感想を書いていきたいと思います。

f:id:kumanego:20191216001720p:image

 

旭先輩からのラインで、旭先輩が大学に合格した事を知る茉莉。

旭先輩は京都の大学近くで一人暮らしをすることを知り、不安な気持ちが溢れてきます。

 

f:id:kumanego:20191216002143j:image

★画像は購入した別冊フレンド電子版から引用させていただいております★

 

ついに卒業式。

茉莉は旭先輩とお兄ちゃんにお祝いの言葉を言います。

すると、旭先輩の周りには、一緒に写真を撮って欲しい人達の人だかりが。

人気者の旭先輩を気遣いつつ、やはり不安になり涙ぐむ茉莉。

 

一人で不安になる茉莉のところに、写真を撮り終えた旭先輩が戻ってきます。

茉莉の目が赤いのに気がついた旭先輩は、自分も不安だと伝えます。

 

そして茉莉に、自分のネクタイをプレゼントするのでした。

 

f:id:kumanego:20191216002547j:image

「嬉しい、離れてても先輩と一緒にいるみたいで」と涙ぐむ茉莉なのでした。

 

春休みに入り、やはり落ち込んでる茉莉。

旭先輩は引っ越しで京都に行ってしまいます。

 

京都に行こうにも、東京から京都までは交通費が高く、高校生にはなかなか行ける距離ではありません。

夜行バスなら行けるかな?と思う茉莉は、

「会いに行っていいですか?」と旭先輩にラインします。

しかし、旭先輩からは「ごめん!今週は忙しくて。予定がわかったらまた連絡するね!」と返事が。

 

旭先輩から連絡が来ないまま、日々は過ぎていき。

旭先輩のことばかり考えている茉莉は、涙が溢れてきます。

 

すると、旭先輩からラインが。

なんと旭先輩は、茉莉の家の前まで来てくれていたのでした。

 

f:id:kumanego:20191216003331j:image

 

京都からバイクできた旭先輩を見てびっくりする茉莉。

 

「京都からここまで来たんですか!!?」

と驚く茉莉に対し、不思議な顔をする先輩。

 

 

なんと、旭先輩が京都に行くのは茉莉の勘違いでした。

 

旭先輩は東京の外れの方の大学に進学していました。

つまりバイクで会いにこれる距離に引っ越していたのでした。

 

茉莉は安心のあまり泣き出してしまいます。

「心配させてごめん。もっと早く会いにいけばよかった」と茉莉。

 

先輩は、部屋を早く綺麗にすることと茉莉にいつでも会いに来られるように、免許を取る為に忙しい日々を過ごしていたのでした。

f:id:kumanego:20200127215616j:image

 

茉莉はあさひ先輩に思い切り甘えます。

 

そして2人は、、

ついに結ばれたのでした、、

 

場面は変わり2年後、、

 

あさひ先輩は大学の同級生に飲みに誘われますが、断ります。

大学でも、あさひ先輩はもちろん人気者。

人気者なのに彼女ひとすじで有名なのでした。

 

大学を出る先輩。

 

そこには茉莉がいました。

 

茉莉は、あさひ先輩と同じ大学に通うことなったのでした。

 

茉莉はあさひ先輩に駆け寄り、思い切り思い切り飛びつくのでした。

 

 

★あさひ先輩のお気に入りの結末は文句なしのハッピーエンドでした!!

 

7巻も発売中!

番外編も収録される短編集も7巻と同時発売予定です!

 

 

漫画「PとJK」60話!最終回クライマックス目前!感想と一部ネタバレ!15巻16巻

お別冊フレンド1月号に掲載された第60話!

なんと最終話まで残り3回!早速購入し、読みましたので感想を書いていきます。

 

f:id:kumanego:20191213044614p:image

★画像は購入した電子版別冊フレンド12月号から転載させていただいております★

 

擁護施設に刃物を持った娘が乱入。

歌子と他の人々は警察と功太によって助けられます。  

大神は歌子を見て、「無事でよかった」と安堵の顔を浮かべます。

 

f:id:kumanego:20191213045708j:image

 

しかし、ちい先輩は犯人に肩を刺されれ、犯人と共に施設内に残されていました。

 

緊迫状態が続きます。

 

 

大神は、刺されたのが、ちぃ先輩であると知り、「俺なら見殺しにするかもな」と言います。

怒る歌子に、

「佐賀関なら(ちぃ先輩を見殺し)にする?」と尋ねる大神。

 

歌子は真っ直ぐな眼で

「しない!」と答えるのでした。

 

f:id:kumanego:20191213050035j:image  

 

それを聞いた大神は「俺もそう思う、待とう本谷、今は、待とう」と言いました。

 

場面は施設内に変わります。

 

刺されて倒れたちぃ先輩は苛立った犯人に殴る蹴るの暴行を受けていました。

 

そこに功太が駆けつけ、銃をかまえます。

 

「動くな、警察だ、刃物を捨てろ」

f:id:kumanego:20191213050447j:image

 

しかし犯人は自分が未成年ということを主張し、功太を挑発します。

 

それを聞いたちぃ先輩は、

「佐賀野さん、撃ってくだい、あの時の罰を、、」と言います。

ちぃ先輩は、弾が万が一自分に当たっても構わない様子です。

 

それを聞いた犯人は逆上し、ちぃ先輩を刺そうとします。

 

 

パァァーン

と銃声が響きました。

 

 

外で待機していた歌子達の耳にも銃声が聞こえます。

 

何が起こったか不安になる歌子。

 

f:id:kumanego:20191213050907j:image

 

功太はやむおえず発砲し、弾は犯人の肩に命中し犯人は身柄を確保されます。

ちぃ先輩も助かりました。

 

しかし、ちぃ先輩は犯人の持っていた刃物を手に取り自分で自分を刺そうとします。

 

青ざめる功太。

 

功太はちぃ先輩を全力で止め、ちい先輩は無事病院に運ばれました。

 

 

場面は警察。

 

歌子は、功太に会いたい気持ちが募ります。

長く話していない期間が続いた為、なんと声をかければいいか悩む歌子。

 

そこに功太がやってきます。

 

歌子を見て微笑む功太。

2人の想いは通じるのでしょうか。

 

f:id:kumanego:20191213051450p:image

 

★PとJKの60話の感想あらすじはここで終わりです。次回61話もとても楽しみです!

残りあと2回です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Google Adsense