Google Adsense

漫画「君に届け」最終回前★29巻掲載第117話★感想とネタバレ

Google Adsense

別冊マーガレット2017年4月号に掲載されている「君に届け」の第117話。

購入し読みましたので感想を書きたいと思います。

 

最新話118話、119話の感想へのリンクはこのページの一番下にありますので、あわせて読んでみてくださいね^_^

 

途中、一部ネタバレ画バレも含みますのでご注意ください。

 

個人的に最終回完結が近いなと思わせられる展開で目が離せません。

f:id:kumanego:20170405181713j:image

★扉絵はあやねとピン。

あやねがついにピンの部屋に行きます。

高校生が独身の担任の部屋にって現実的にはかなりショッキングですよね。

以下、感想とネタバレです。

 


部屋から顔を出したお風呂あがりのピン。

 


まさか部屋に入れてくれと思わなかったあやねはドキドキしながら部屋にあがります。

 

コーヒーを出してくれるピン。


f:id:kumanego:20170405182216j:image

ピンは「言いにきたんだろ!」とあやねに言います。
「お前まだ若いし未来があるし、次だ次、前向け!!」と続けるピン。

 

f:id:kumanego:20170405182216j:image

 

あやねはピンが自分が告白することに気づいて自分を振ろうとしていると勘違いします。

 

「待って!!まってよー!」と泣くあやね。

 

「一度や二度の失敗でなんだよ!おまえめっちゃ頑張ったじゃん!」
ピンは更に続けます。

「じゃあ諦めて他行くか?それとも浪人するか?!」

あやねはここでピンはあやねが大学に落ちたと思い込み、それを励ましていると気がつきます。

f:id:kumanego:20170405183144j:image

 

 

「待ってたよ!!今日一日!!ずっと!!!お前がくるのを待ってたよ!!」

ピンがずっと自分の合否の連絡を待っていてくれたことを知り、あやねは号泣。

 

 

 

「やったな!!!」と言うピンに、涙でぐちゃぐちゃの笑顔で返すあやね。

そのあやねの表情を見てピンは思わずドキッとします。

それをごまかすようにピンは髪を乾かしにいくのでした。

 

その間、あやねはみんなに励まされたことを思い出し、チョコレートを渡そうと決意します。

 

バレンタインチョコをテーブルの上に置くあやね。

ピンは「なんだこれ?」と驚きます、

 

 

「それ、あげる!!!ピンに!!!義理チョコじゃな、、」

 

ピンはあやねの告白を察してか、「言わねーほうがいいぞ」と言います。

「でもダメだよ言う!だってピン言ったじゃん!頑張った奴は立ち直れるって!言ってた!」

 

そしてついに告白。

 

f:id:kumanego:20170405183048j:image

 

 

「あたしは、ピンが好き!なんでもいーの!どーしようもないの!!ただ好きなだけなの!!
それだけなんだもん。そのチョコも結構勇気いったの!やめようと思ったの。でも、やっぱりあげたかった!!大学決める時より勇気いった!コンビニのだけど、受け取る受け取らないは、ピンの自由だけど、、!」

 

ピンは無言で話を聞き、テーブルの上のチョコを食べ始めます。
「コーヒーと合うな、うまい。」

 

ピンはチョコを全部食べてくれたのでした。

 

 

そしてピンは言います。

 

f:id:kumanego:20170405183410j:image

 

「10ねんはえーんだよな!」

 

 

 

「やっぱダメかあー!!」と涙を溜めながらもピンの笑顔につられて笑うあやね。

 

 

ちづ、爽子ーー!あたし失恋しちゃったよーー!!

 

あやねは、「生徒とかじゃなくて、一回でもあたしのこと
可愛いと思ったことなかった?」と聞きます。


「ねーよ!」と笑顔で答えるピン。

 

 

完全玉砕だあ〜!

あやねは心で叫ぶのでした。

 

ピンの部屋を出るあやね。

ピンはあやねに消しゴムを渡します。

 

「合格祝いだ!褒めてやる!おまえは優しい奴だ。
他人のことで怒ったり凹んだり笑ったりできる。」

 

ピンは最後まであやねを励ましてくれました。

 

 

 

 

帰り道あやねはピンにもらったのど飴の袋を開けて食べるのでした。

 

わたしは大丈夫、と強く心で思いながら夜道を歩くあやねなのでした。

 

 

★ 117話はここで終わりです。 

ついに勇気を出したあやね、あやねの勇気、ピンの優しさに感動した回でした。

個人的にはピンはあやねに好意はあったと思います。

でもさすがに教師なので未成年に手は出せませんよね(笑)

あやねがもう少し大人になったらうまくいくのかな〜なんて淡い期待を持ってしまいました。

続き、 118話の感想は↓です。

 

www.kumanego.jp

 

読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

Google Adsense