漫画、時々小説、そして映画

漫画・小説・映画の雑談、ネタバレ

Google Adsense

漫画「地獄のガールフレンド」最終回後の番外編のネタバレと感想!ドラマ化記念!

Google Adsense

ドラマ化が決定した、鳥飼茜先生の地獄のガールフレンド。

FEEL YOUNG12月号に3年ぶりに番外編が掲載されました!

早速購入し読みましたので感想を書いていきたいと思います。

悠里と加奈と奈央はシェアハウスに3人で住んでいます。

f:id:kumanego:20191108084851j:image

f:id:kumanego:20191108084854j:image

 

悠里は加奈と奈央の前で

「私、男と住めない人種かもしれない、、、」

と言います。

 

悠里は交際3か月になる鹿谷と1泊2日で熱海旅行に行った話を始めます。

 

 

鹿谷は旅行中、悠里に対してちょこちょこと小さな要求や注意をしてきます。

悪気はないとはわかっていても悠里は疲れてきていました。

インドアな悠里は割と行動的な鹿谷とペースがあわず振り回されている感が拭えません。

悠里は自分は誰かと一緒にいるのが向いてないのでは、と落ち込みます。

f:id:kumanego:20191108085342j:image

★画像は購入したFEEL YOUNG12月号からお借りしています★

 

悠里の話を聞き、加奈はふと自分にも思い当たる節があることに気がつきます。

加奈は最近、彼氏の石原に

「そろそろ本当に俺と楓君と3人で暮らさない?」と話を持ちかけられました。

それに対し、加奈は一緒に暮らしたいという気持ちが湧いてきません。

石原のことは好きなのに一緒に暮らすのは嫌、という自分の矛盾に加奈も悩んでいました。

 

奈央は、今までの様々な男性経験から、

「男は好きだけど、男と暮らすのはなー」と言い切ります。

加奈は、1人でなら戻せる不機嫌を相手のせいにしてブスな自分になるのが嫌だと思っているのでした。

 

3人はなぜ、このシェアハウスに3人でいるのが心地いいのかを話し合います。

「もしかして男以外、人とみなしてないのかな?だとしたら私性格わるいね?」と笑う奈央。

それに対し加奈は

「それ思いついて口に出しちゃうとこは素直でいいと思うよ」と言います。

 

「信頼、、信頼ってそういうことだよね」と悠里。

 

加奈は「例えばさ、ここに悠里さんいないとするじゃん?私と奈央さんと2人でいて、それでも悠里さんがきげんわるいのかな?とかはならなくて、男の人だといちいち全部私のせいかもって思っちゃう。あ、私ミスったかなって?

あ、今都合悪いんだな、ってここなら思えるのに、相手が男の人だと、相手の都合にいちいち自分が関係してるみたいで不安なんだよね」と話します。

 

それを聞いた悠里と奈央は、

「それってつまり、、自分は自分の都合をひっこめてる自覚があるからだ」

と声を揃えて言います。

 

f:id:kumanego:20191108090301j:image

 

 

場面は変わり、加奈の部屋。

加奈は息子の楓の寝顔を眺めています。

 

加奈は彼氏の石原が自分にたくさん愛情をくれたことを思い出します。

石原と過ごした日々の大切さをかみしめる加奈。

 

加奈にとっては息子の楓と過ごす時間も恋人の石原と過ごす時間もとても大切なものだと改めて思うのでした。

 

後日、加奈は石原に会います。

自分は楓と石原のおかげで毎日過ごす力をもらえている、でもそれは、楓と石原と過ごすそれぞれの時間を持っているからこそ絶妙なバランスで成り立っているものであり、今の自分には同居が必要なのかはわならない、、

不安や怖さを抱えながらも、

自分の本当の気持ちを石原に誠実に伝える加奈なのでした。

 

 

★これで、地獄のガールフレンドの番外編は終わりです。

石原がどう返事をするのかは描かれていませんが、加奈は自分の正直な気持ちを伝える事ができました。

 

ドラマ化も非常に楽しみです!

また番外編が掲載されることを楽しみにしています^_^

 

 

 

Google Adsense