Google Adsense

劇場版「コードブルー」詳しい感想とネタバレ結末!かたせ梨乃さんに持ってかれた感。

Google Adsense

山下智久さん新垣結衣さん主演の映画、劇場版コードブルーを見てきました!

ちなみに私はコードブルーのドラマ版第3作目しか見ていません。

 

しかし、劇場版を見ていて、ストーリーに置いてかれた感もなく内容はしっかり把握出来たと思います。

 

少し辛口になりますが感想を‥

 

正直に申しますと、本日は1日ファーストデイということで1100円で鑑賞出来ました。

1100円ならば満足な内容でした。

 

しかし通常の大人料金1800円の払うならDVDでも良いかなーというな正直な感想です。

色々な要素が詰め込んでありますので1300円くらいまでなら十分払う価値ありだと思います。

詳しい感想を書いて行きたいと思います。

 

まずオープニング。

オープニングはドラマ版コードブルーの名シーンから始まります。

 

ドラマ版1.2.3からそれぞれの登場人物の重要なシーンのリフレインから始まります。

 

そして現在に戻り。

時間軸としてはドラマ版コードブルー3から3ヶ月後の設定らしいです。

 

藤川先生とナース冴島さんが結婚式をあげるかどうかで悩んでいたります。

 

藤川先生と冴島さんのやりとりがますますキレッキレになっていて、ここは毎度笑わせてくれます笑

 

そこに恋人との結婚を控えた末期癌の女性が事故に遭い、骨折の治療をしに病院に運ばれてきます。

 

その女性の恋人役を新田真剣佑が演じています。

 

この他にも、11歳の時に虐待する父親から逃げてきた少年が大人になり、父親と再会した後に事故に巻き込まれ、父親が命の危機にさらされる状態になったりします。

 

また、わずか14歳で脳死と診断された少年が臓器提供の意思表示のカードを持っていたエピソードなど。

 

ここでは、椎名桔平演じる橘先生の、以前、臓器提供を受けた息子さんが絡んできます。

 

 

とにかく約2時間20分の中にエピソードがてんこもりです。

 

 

中でも私が一番ガツンときたのがかたせ梨乃さん演じるアルコール中毒の女性。

 

なんとこの女性は、馬場ふみかさん演じるナース雪村さんのお母さんでした。

 

かたせ梨乃さん、頭に包丁がささった状態で搬送されてきます。  

 

もうこれがコントかってくらい衝撃でした。

 

かたせ梨乃さんの一級品の演技!

もうこれだけでも見る価値があります!笑

不謹慎かもしれませんが、かたせ梨乃さんの演技がツボにはまってしまいました笑

 

でも周りを見回しても誰も笑ってない‥‥笑  

皆さんかなり真剣な表情で鑑賞していました‥

 

アルコール依存症の方々や怪我した方々を馬鹿にするとかそういう考えはわたしには全くありませんが、でもどうしてもツボにはまり、かたせ梨乃さんが登場するたびに笑いが後を引いてしまい大変でした。

 

そのかたせ梨乃さんが最後にはしっかり泣かせてきますので、やはり凄い演技力ですよね。

 

 

 

 

とにかくどのエピソードも泣かせる展開なのですが、エピソードが多いぶん、ひとつひとつがやや浅いかな〜と感じてしまい、涙を流すまでには至りませんでした。

 

そしてクライマックスはなんといっても山p演じる藍沢が命が危機に晒される場面でしょう。

 

さすがに主人公である藍沢が死ねわけがないとはわかっているんですが‥笑

 

でもコードブルーメンバーが改めて藍沢の重要性を再確認するのには必要なエピソードだったと言えるでしょう。 

 

 

今回は灰谷先生はほとんど存在感がなかったですねー 

有岡大貴さん演じる名取先生も記憶に残っているのは序盤の緋山先生とのやりとりくらいかな、という感じであまり印象に残ってないかな〜

 

灰谷先生の中国語話せる設定も、いくら灰谷先生の見せ場がないからってちょっと無理やりすぎるかな〜なんて感じてしまいました。

 

個人的には藍沢と白石先生の関係に何か進展が見られるといいなあ‥

なんて考えてたんですが。

 

2人に新展があったか?は是非皆さん実際に映画を見てチェックしてみてください!

 

 

劇場版コードブルー、どの世代が見ても泣けるポイントがあるようにたくさんのエピソードが、盛り込まれているのが良いなあと思いました。

  

インパクトはないですが、逆に言えば、親子、恋人、友達など誰と見にいっても失敗がない作品だと思いました!

 

 

友人の話だと、ドラマ版の1と2がかなり面白いらしいのでDVDでチェックしてみようと思います(^^)

 

Google Adsense