Google Adsense

漫画「傷だらけの悪魔」165話166話167話の感想とネタバレ!舞の過去とは?

Google Adsense

そろそろ最終回間近?と思いつつまだまだ終わらなそうな傷だらけの悪魔。

 

伊藤にキスされつきまとわれ、その反動で伊藤が階段から転げおちたところを優里亜と当麻に発見され、散々な目にばかりあう舞。

 

舞は自分の状況を説明しようともせずずっと家にいます。

 

 

そんな中、舞と母親の歪な関係が露わになってきます。

 

f:id:kumanego:20171206173703p:image

 

幼少の頃の舞は要領がよくのみこみも早い子でした。

勉強、ピアノダンスも良く出来、容姿もよく、褒められることの多い子供でした。

 

 舞自身も賛美されることが好きでやればやった分だけ結果が出るのが楽しく頑張るのが好きな子でした。

 

 

しかし舞は気がついてしまったのです。

頑張っている自分よりも、弟の敬の方に母親の愛情が注がれていることを、、

 

敬は頑張ることもせず、やんちゃで適当な性格でした。

しかしお母さんはいい子で頑張り屋の舞よりも敬を可愛がり愛情を注ぎます。

 

f:id:kumanego:20171206180137p:image

 

理不尽に感じた舞は、敬の真似をしていい加減に振舞ってみたりするのですが、、

 

f:id:kumanego:20171206180306p:image

 

さっさとやりなさ!と逆に怒られてしまうのでした。

 

どうにもこうにも納得いかない舞。

 

さらにお母さんは、自分が舞と敬を不平等に扱っているという自覚がまったくないのでした。

f:id:kumanego:20171206180536p:image

 

中学になり舞は受験し、私立中学に入学します。

今までは成績スポーツともにトップクラスだった舞も、中学に入ってからはみんなに埋もれてしまいます。

 

勉強も平均以下、スポーツも舞よりできる人はたくさんいるのでした。

 

舞は自分は優秀な人間が集まる中学のなかではたいしたことないんだな、ということに気がつきます。

 

f:id:kumanego:20171206180914p:image

 

どんなに努力しても天賦の才能には敵わない。

舞はそう悟のでした。

 

 しかしお母さんは舞の中身をまるで見ようとしません。

f:id:kumanego:20171206181211p:image  

 

舞のテストの成績が悪いのも、舞が気を抜いたからだと本気で思っているのでした。

そして舞の頑張りが他の子より足りないと決めつけるのでした。

 

f:id:kumanego:20171206181501p:image

 

 

舞はお母さんを人としてどんどん嫌いになり、憎しみを感じるようになるのでした。

 

 

 

 

傷だらけの悪魔、167話の感想とネタバレはここで終わりです。

 舞のお母さん、、やっぱり毒親だったのですね。

虐待!とまではいかなくてもジワジワと無神経に子供を傷つけてる親って多い気がします。

 

次回、168話からの感想も書きますので是非また読んでください!

 

Google Adsense