Google Adsense

漫画「ストーリーな女達」シリーズ「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」感想とネタバレあらすじ!

Google Adsense

大人気漫画シリーズストーリーな女達。

今、「美醜の大地(びしゅうのだいち)」がかなりの人気ですが、同じ作者さんが描いた「緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~」もかなり面白いです。購入し読んでみましたので感想を書いて行きたいと思います。

 

f:id:kumanego:20170709111637p:image

 

★当ブログ記事の転載はおやめください。見つけ次第予告なく対処させていただきます。

 

こちら短編集でどのお話も面白いです。

まず第1話。

「緋い初夜」

舞台は外国の遠い国。

とある売春宿に美しい黒髪の女がいました。

そこに1人の男が来ていました。

美しい女と情事を終えた後に話し込む男。

男は立派なキャラバンの隊長であり北の田舎町から来たとのことでした。

f:id:kumanego:20170709112118p:image

男はこんなに美しい女がこのような粗末な売春宿にいるのはおかしいと不思議がります。

しかし女は、こんなこと珍しくもない。色々な女がいるものだと返します。

男は自分の寝物語に女が知っている話を聞かせて欲しいと頼みます。

 

女はとある自分が知っている少女の話を始めるのでした、、、

 

 

★ここからは女の話になります。

 

 昔、とある砂漠の国ににラジアという少女がいました。

ラジアの住む地域では女性は家畜のように扱われ虐げらていました。

 

f:id:kumanego:20170709112442p:image

 

日常に起こっている女性の無残な扱いを見て、自分もいつかそうなるのではと不安に思うラジア。

しかしラジアは優しい父親に守られ安全に暮らしていました。

いつでも清く正しくいること。そうすれば神様が守ってくれる。

それが優しい父親の教えでした。

 

しかし、ある時、ラジアの街は違うキャラバンに夜襲に襲われます。

族長である父親は殺されます。

ラジアは敵のキャラバンに引き渡されてしまうのでした、、、

 

 

ラジアは敵のキャラバンの隊長の新しい妻になることになりました。

しかし隊長は遠方に出向いていてキャラバンな帰って来るのはまだ先、とのことでした。

 

隊長が帰るまでの間、キャラバンの男達に酷い扱いを受けるラジア。

 

f:id:kumanego:20170709113117p:image

 

酷い暴力や重労働に毎日の耐えるラジアなのでした。

 

そして、ついにラジアの夫になる男、つまりキャラバンの隊長が長旅から戻ってくる日が来ました。

夫となる男が側にいてくれれば事態は好転するかもしれない、と微かな希望を抱くラジア。

 

しかし隊長の妻になるには純潔の処女でないといけないという決まりがあると知ったラジアは絶望の底に。

 

キャラバンの男達に犯されたと訴えてももちろん誰も信じてはくれません。

f:id:kumanego:20170709191847p:image

 

 

隊長のシャーヒドはラジアが処女でない事を知ると激昂します。

 

 

罰としてラジアの耳と鼻を切り落としてしまうのでした、、、

 

f:id:kumanego:20170709194019p:image

 

★かなり恐ろしい話で、読み進める手が震えてしまいました。

 

ラジアはこの後とうなるのか、、

みなさんも是非、「緋い初夜」を読んで見てください!

読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

 

Google Adsense