Google Adsense

漫画「ハピネス」最新刊5巻★詳しい感想とネタバレ★押見修造★最終回予想

Google Adsense

大好きな押見修造さんの漫画、ハピネスの最新刊5巻が発売されました(^。^)

早速購入し読みましたので感想を書いていきたいと思います。 

読んでみた感じでは最終回はまだまだ遠く結末が予想できません。

f:id:kumanego:20170309192448j:image

 

では感想です。ネタバレも含みますのでご注意ください。

★当ブログ記事の転載はおやめください。 

見つけ次第予告なく対処させていただきます。よろしくお願いします。

 

待ち構えていた人間達に銃撃を受け、岡崎とノラは抵抗を試みみますが、ついに力尽きてしまいます。

f:id:kumanego:20170309192822j:image

★1ページを使っての画。凄い表情です。

f:id:kumanego:20170309192902j:image

 

 

場面は変わり、恋人の奈緒と奈緒の両親を殺してしまった勇樹は、朦朧として混乱のまま五所さんに電話をかけます。

五所さんは桜根と共に勇樹のところに向かいます。

桜根は勇樹に、自分の部屋でかくまってあげると言います。

五所さんは奈緒と奈緒の両親の遺体を見て、このまま逃げてはいけないのではないかと提案しますが、提案もむなしく桜根は勇樹を部屋に連れていきます。

 

場面は変わり桜根の部屋。

桜根は吸血鬼の勇樹こそが自分の希望だと言います。

五所さんはこのままではいけないと思い、勇樹に今まで起こったことをきちんと説明して欲しいと言います。

 

そんな五所さんに対して桜根は

「くだらない。無知蒙昧な肉のカタマリが」と冷酷な言い放ちます。

f:id:kumanego:20170309193513j:image

 

豹変した桜根に驚く五所さん。

そんな五所さんを桜根は急に襲います。

桜根は持っていたナイフで五所さんの首を切ったのでした。

 

倒れる五所さんの首から血が流れ出します。

桜根は勇樹に「飲め」と指示し、勇樹は血だまりの血液を飲むのでした。

 

桜根は倒れた五所さんを置き去りにし部屋に火をつけたまま勇樹を連れて逃げるのでした。

 

首の傷と煙で咳き込む五所さん。

桜根は最初から自分を殺す気だった、油断しないで気がついていればと自分責めます。

 

炎と煙の中で這いつくばる五所さん。

もうダメだ、、、

と思った時、幻想のような岡崎の姿が見えます。

f:id:kumanego:20170309194106j:image

 

「五所さん がんばれ!!」幻想の岡崎は言います。

五所さんは意識を集中させなんとか逃げようと必死になります。

 

 

 

場面は変わり、夢の中にいる五所さん、そこにはかつてなくなった五所さんの弟がいます。

「もうこっちにきちゃだめだよ。」弟は言います。

 

目を覚ます五所さん。五所さんは命を取り止めたのでした。

 

 

また場面は変わります。

岡崎は病院の手術台のような場所に拘束されています。

目を覚ます岡崎は必死で抵抗します。

しかし人間達は岡崎に注射をします。

唸り声をあげながら変形していく岡崎、、、

 

 

 

 

 

また場面は変わります。

数年がたち、五所さんはOLさんになって会社で働いていました。

仕事をしっかりこなす五所さんは同僚や上司からの評判も上々な様子。

 

五所さんは1年中首にストールを巻いていました。

 

五所さんの同僚の送別会の席で送別される同僚が、「最後に五所さんのストールをとった姿が見たい。五所さんの鎖骨が見たい」と半ば面白半分で言い出します。

 

戸惑う五所さん。

他の同僚は止めますが、送別される同僚は勝手に五所さんのストールをとってしまうのでした、、、

 

 

★ハピネス5巻の感想はこれで終わりです。

ストールを取られてしまった五所さん。

無神経な同僚にかなり苛立ちました。

五所さんの首がどうなっていたかは是非5巻を読んで見てください。

5巻は全体的なストーリーはあまり進んでいませんが、絵柄に迫力があり私は満足でした(^。^)

 

数年たってしまった今、岡崎とノラはどうなっているのでしょうか。

また桜根は相当悪いことを企んでいる様にしか見えないのでかなり気になります。

 

ハピネス6巻は2017年8月9日頃発売予定です。

もちろん購入し、感想を書きます。

読んでいただきありがとうございました(^。^)

 

 

 

Google Adsense