Google Adsense

漫画「クズの本懐」2巻の詳しい感想とネタバレ・ドラマアニメ放映中!

Google Adsense

アニメとドラマも大人気放映中の「クズの本懐」現在7巻まで発売されている漫画もとても面白いですね。2巻を読みましたので、感想を書いていきたいと思います(^ ^)
一部ネタバレも含みますのでご注意くださいね。

 

当ブログ記事の転載はおやめください。見つけ次第予告なく対処させていただきます。

 

 

なんとか鐘井に異性として意識してもらいたい花火。

学校で2人きりになれた所を狙い、そっと鐘井に近づこうとします。

その瞬間、音楽室から皆川の弾くピアノの音が。

ピアノの音に心を奪われる鐘井。

その姿を見て花火はまた傷つくのでした。

 

 

傷ついた憂さ晴らしに麦とカラオケで歌いまくる花火。

f:id:kumanego:20170112215038j:image

 

麦は鐘井より若くてもっといい男がいるだろ、と慰めます。

 

しかし花火は「お兄ちゃんはかっこいいよ」と泣き始めるのでした。

 

その姿をみた麦は、また皆川の変わりとして花火を抱きしめるのでした。

 

 

場面は変わり、学校。

花火はあまり話したことのないクラスの女子2人から恋愛相談にのって欲しいとたのまれます。

女子2人は、麦という彼氏がいる花火を恋愛経験豊富だと勘違いしているようでした。

 

放課後、喫茶店で女子2人の話を聞く花火。

女子2人のうちのひとり、あゆみの話でした。

あゆみは好きだった彼氏に浮気され、それでも好きだったので未だ付き合い続けてるとのこと。

そんなあゆみに別の先輩がアプローチしてきたため、あゆみは2人のうちどちらを選べばいいか迷っているとのことでした。

 

あゆみはどちらも好きだから迷っているのではなく、どちらを選べばいいかで迷っているのでした。

 

恋愛はしたくない平和が1番、彼氏と先輩のうちスペックが高いほうを選ぶべきだと考える女子ふたり。

 

恋愛は恥ずかしい部分も見せなきゃいけないし苦しいのになず恋愛するんだろうと話す2人に

花火は、「生きてるからじゃないの?」と返します。

 

f:id:kumanego:20170112220234j:image

 

「どっちも好きなら苦しみ切ったほうがいい。」とアドバイスする花火に対し、

あゆみは、どっちも好きというか、決断を間違えたくないから選べなくて苦しいと話します。

 

唖然とする花火なのでした。。。

 

 

場面は変わり、花火と早苗。

 

花火は早苗に、えっちゃんはスペックで人を好きになるのかを訪ねます。

 

f:id:kumanego:20170112220519j:image

 

早苗は、能力はその人の魅力だけれど、その人が優れているからとか、自分が得をするからとかで好きになるのではないと言います。

 

自分も同じだと喜ぶ花火。

 

花火はガールズトークをしながらお泊まり会をしたいと早苗自分の家に誘います。

ドギマギする早苗なのでした。

 

場面は変わり、早苗の回想シーン。

 

早苗は花火と初めて出会った日のことを思い出します。

 

それは2人が今通っている高校の受験の日でした。

満員電車で痴漢にあって困っている早苗を花火が助けたのでした。

 

f:id:kumanego:20170112225658j:image

 

 

 

怖い思いをした早苗。

花火は、試験会場までずっと早苗の手を握ってあげていたのでした。

 

その時早苗は花火を好きになったのでした。

 

 またまた場面は変わり、花火の部屋。

ガールズトークを楽しむ花火と早苗。

 

花火は早苗に、「えっちゃんの好きな人は誰?」と訪ねます。

 

それを聞いて思いが募ってしまう早苗。

「本当は粟谷のことそんなに好きじゃないでしょう?」と花火に訪ねます。

 

自分はずっと花火を見ていたからわかる、なず粟谷を好きなフリをするのこ教えてとたたみかける早苗。

 

 

「好きな人がいるの。でもその人は私を好きにならない。だから麦といるの。」と答える花火。

 

f:id:kumanego:20170112230255j:image

それを聞いた早苗は涙だながらに

「私でいいじゃん。」と言うのでした。

 

 

場面は変わり、早苗の告白にひとり戸惑いながら歩く花火。

 

花火はもやもやした気持ちを抱えながら、麦の元へとむかったのでした。

 

 

★クズの本懐2巻の感想とあらすじはここまでです。

いや〜それぞれの切ない思いが交差する展開。目が離せませんね。

3巻の感想も次回書きますのでぜひまた読んでみてください。

ありがとうございました^_^

Google Adsense